安全で便利な赤外線ランプ

赤外線ランプの仕組みとは、ガラス内部にはタングステンフィラメントと呼ばれる特殊な金属線が備え付けられています。
そのタングステンフィラメントに電流を流すことによって、この金属線が発行すると高熱が発生するのです。
高熱となったタングステンフィラメントは徐々に赤外線独特の光を掃射し始めます。
赤外線は紫外線と同様に物体を透過する力を持っているので、ガラスを飛び出て物体にあたるに乱反射するので明るくなるというわけです。

赤外線ランプの仕組み

赤外線ランプの仕組み 赤外線ランプの仕組みはタングステンフィラメントに電流を流すことで電線を熱し、それによって発生した赤外線の光で照らす技術です。
赤外線ランプのメリットとしては、熱量によって光の力をコントロールできるので白熱電球以上に長持ちすることです。
通常光は日中で照らしても太陽の光と同化してわかりにくいのが欠点ですが、この赤外線ランプだと自然の色に溶け込みにくいので光れば遠くまで見せることが可能です。
そのため赤外線ランプは自宅の街頭に使われるだけでなく、配色を変えればお店の宣伝だったりパトカーや救急車そして消防車などの緊急用ライトにも用いられています。
この仕組みであれば長持ちするだけでなく省エネにつながるので、これからの主力電機になり得ると考えられるのです。

赤外線ランプは冬季の暖房ヒーターでの使用に最適

赤外線ランプは冬季の暖房ヒーターでの使用に最適 赤外線ランプが誕生したのは、1879年の京都の竹の繊維を炭素化してそれをフィラメントとして採用したのがきっかけです。
発明王であるトーマス・エジソンによって白熱電球として発明されたことに端を発し、約130年前のこととなります。
従来までは油やガスを燃焼させた灯りを主に活用していたのですが、電気で光る灯りであり画期的な発明で話題になっています。
そのため電気の普及と共に赤外線ランプによる灯りの普及が始まり、人々の暮らしにも大きな変化が訪れることになります。
なお赤外線ランプは発光効率がそれほど高くないことで熱を出す事が知られ、その熱を使ったヒーターも登場し、日本は冬季のシーズンは寒いため、その暖をとるのに使用されるに至ったわけです。
現在でも赤外線ヒーターによって、家庭でも利用され燃焼しないクリーンな暖房器具でも人気があります。
なおエジソンが開発した白熱電球とその赤外線ヒーターは原理的には一緒となります。
また暖房ヒーターで用いられる他に、パンを焼くためのトースターや魚焼き器としても利用され熱源にも最適です。
同じく冬季の寒いシーズンに利用されるこたつも、赤外線ランプを用いており、より暖房を効率を高めるため、暖色系の色をヒーターの外側部に塗布して使用しています。

赤外線ランプ詳細情報リンク

NDIRセンサーを使用した赤外線ランプ

新着情報

◎2019/3/4

赤外線ランプとペット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

赤外線ランプとスペクトル
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「赤外線 ランプ」
に関連するツイート
Twitter