赤外線ランプとペット

赤外線ランプとペット

赤外線ランプとペット ペットを飼われている方で冬などの寒い時期に向けて赤外線ランプの購入などを考えておられる方も多いものでありますが、基本的にこのようなアイテムが使用される理由には、例えば温帯な地域でのみ暮らしている爬虫類などを守るために飼い主さんなどが、こちらの赤外線ランプを購入されるというケースが多いです。またこのような爬虫類などの他にも亀などを飼われている方が購入されているケースも存在しております。
ハムスターなどをペットとして飼われているご家庭もありますが、やはり寒さへの対策として赤外線ランプを使用され、寒さを乗り越えられるようにご購入をなされております。商品によってはどれくらいの時間で温まるものであるのかどうかなどの詳細が記載されており、同時に価格も色々な価格のものが販売されています。日本の場合には寒い地域では、冬の気温が氷点下を下がることが当然であるという地域が非常に多いために、こうしたアイテムは必需品になっております。

爬虫類飼育にお勧めの保温赤外線ランプは?

爬虫類飼育にお勧めの保温赤外線ランプは? 爬虫類の飼育に欠かせない保温ランプにケージ内全体を暖めてくれる赤外線ランプが使われます。保温ランプのため、冬場は24時間点灯させることもあります。爬虫類には赤い色の光は認識できませんので、生活リズムを乱さないように夜中に点灯しても見えない赤外線を使ったランプが好まれて使われているのです。また、赤外線は生体の体内から効率的に生体を温めてくれる効果があることも好んで使われている理由と言えます。
赤外線ランプは、各メーカーがいろいろな種類を販売しています。ランプのワット数で保温力を調整することができます。24時間点灯することを考えると消費電力が少なく、かつ保温力の高いものが良いでしょう。ほとんどの赤外線ランプは散光タイプになります。散光タイプとは光が拡散してケージ内全体を暖めるタイプです。散光タイプの赤外線ランプが良く使われているのは、昼間は活動していることが多いので夜間の保温用としての効果が高いからです。

新着情報

◎2019/5/24

熱に特化した赤外線ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

赤外線ランプとペット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

赤外線ランプとスペクトル
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ランプ 熱」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@msm03cloveエアバイブにしとけば赤絡んだ時点で9割9分当たりや 先読みcも入れとけば保留変化もクソほど寒いしうるさい入賞ランプも消えるし

返信先:@homotatsu 書き込みランプ点灯したまま止まるやつですよね、やっぱあれ暴走なんすかね

Twitter永塚眞也(tutti-*)@gatsuka1976

返信 リツイート 16:53

ランプの温もりの良さは分かる人にはわかると思ってるわ。

生きていけることをして」「俺のしあわせ?」「君のしあわせ」「それなら方法はひとつしかない」💎が破顔した。目尻にくしゃくしゃと寄る真新しい皺までが愛しい。「ランプの中に連れていく」「いいね」「空の色も太陽のさも風の匂いも二度と感じることはないぞ」「それでも君がいる」💎はおろおろと

LED照明は意外に寿命が短い!?(PHILE WEB) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…対策が不十分な環境で使用すると、籠もったで回路内の部品が劣化して公称寿命より短命になるので注意 → ランプシェードに穴を開けてを逃がすとかね

TwitterNight☆@ITエンジニア風老害ナメクジ@MLO_Night

返信 リツイート1 6:29

RT @monoprixgourmet: アロマでマルチの元祖といえばランプベルジェだけど、世の中のアロマ&オーガニックがものすごい勢いで盛り上がり、だれもかれもがきちんとしたハーブの香りや効用を知るようになってしまってから、ケミカルでなぜかランプまで買わなきゃいけない謎商法…

Twitterマリモのひとり言@marimobocchi

返信 リツイート 4:09

返信先:@nzfuga カラーポジションランプ懐かしい。 LED化なんかなかった90年代、まさにこれ付けてましたよ。 実際は取り付けるとH4球と近すぎてでやられてすぐ球切れ起こしてましたけど。。。

返信先:@hukuchima_nyanc いや……それは無さそう。 ケーブル刺すとは持つのに充電中のランプは点かないという謎の状況(というか久しぶり)

ランプ肉160g (220円/100g)、焼いてからアルミホイルで7分間包んでを伝えるスタイルで調理。味付けは塩コショウのみだけど、すごく美味しい〜✨コスパ最高! pic.twitter.com/6edj3aRKZ4

(2018-Ⅳ)光に変換されない電力はで捨てられる。ランプ効率が20lm/W程度にすぎない「ハロゲン電球」などでは、消費電力の大部分がとなって捨てられていることになるが、白色LEDではランプ効率が170lm/W程度のものが実現されており発量は「消費電力の半分程度」である。

Twitterエネ管(電気).com@enekan_com_e

返信 リツイート 昨日 17:06