安全で便利な赤外線ランプ

赤外線ランプと波長

赤外線ランプと波長 赤外線は見えない光線と言うことで様々な場所のセンサーとして使われています。
具体例を挙げると、人感センサー付きのライトは人が来たことを検知しライトを点灯させたりしますが、それも赤外線を検知しており、前後で変化があれば動作するといった仕組みです。
他にも自動ドアでも使われていますし、トイレなどの手を洗う場所でも使われており、そこでは蛇口をひねらなくても手をかざすだけで水が自動的に出てきます。
さて、赤外線は紫外線と共に太陽光に含まれているのはご存知でしょう。
目で見ることが出来る可視光線は七色の虹に見られるように様々な光を含んでいます。
赤外線はその言葉で一括りにされていますが、波長の違いで「近」と「中」と「遠」という字を前に付けて区別します。
例えば、遠赤外線という言葉は一般的な商品にも使われているので、多くの人がご存知だと思います。
ところで赤外線ランプという言葉を聞いたことがあるでしょうか、ヒーターとして使われたりしますが、代表的なのは寒い冬には欠かせない暖房器具のコタツです。
その中には赤外線ランプヒーターが使われています。
赤外線ランプは様々な波長を出すことが出来ます。

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について 赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度は、製品が使用している発熱体によって異なりますが一般的には数千度までの熱を放出できるようになっています。
理由として赤外線ランプの発熱体に使用されているカーボンファイバーの耐久温度が数千度になっているので後は高出力な電源とそれに対応できる電気コードや内部の電子基板を確保することができれば非常に高い発熱を得られることができます。
もちろん電気のエネルギーを使用しているので光熱費がかかってしまいますが、エネルギーの変換効率はガス式の製品よりも高いので非常に低燃費です。
赤外線ランプを使用した製品はいくつか種類があり、使用されているカーボンファイバーの種類が大きく異なっています。
例えば従来製品よりも不活性ガスを使用することによって遠距離まで放熱できるように設計されたハロゲンヒーターがあります。
これは一般的な赤外線ランプを使用した製品とは違って低出力ではありますが非常に自由度が高く安全性能が高いです。

新着情報

◎2019/1/10

赤外線ランプとスペクトル
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「赤外線 波長」
に関連するツイート
Twitter

色については捨てられたエネルギーの強さに起因し、強い程波長が長い、つまり紫外線に近い光として放出され、エネルギーが弱い程波長が短く、赤外線に近い色として放出される カリウムは紫の炎色反応で有名だが、これは捨てるエネルギーが多いという事を意味する

返信先:@iseya916他1人 電界と磁界との変化が波動として空間を伝わっていくもの。波長の長いほうから、電波・赤外線・可視光線・紫外線・X線・γ(ガンマ)線がある。 電化製品、OA機器などから生じる電場と磁場が時間的・空間的に変化しながら生じる波のこと。コンピューターでは主にディスプレイからでる。

可視光(かしこう) 電磁波のうち、ヒトの目でみることができる波長のことだよ。僕らがふつう「光」と呼んでいるのは、この可視光のことだね。可視光より波長が短い紫外線と、より波長が長い赤外線は、ヒトの目で見ることはできないんだ。 植物・キノコである「樫(かし)」を含むコトバだよ。

Twitterうんちく自慢・カナリ@Kanari_kotodama

返信 リツイート 11:16

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長赤外線をカットできないカーフィルムは、

可視光線より少し波長の短いものを紫外線、少し波長の長いものを赤外線と呼ぶわ。 どちらも私たちは見ることができないの。 私は眼帯に隠した魔幻真眼の力を使えばどんな電磁波も見ることができるけどね。

Twitter理科たん(霞理香)@rikatan51

返信 リツイート 5:46

返信先:@yuki_se2_ 電波……?赤外線より波長が長い電磁波……だったと思います?

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長赤外線をカットできないカーフィルムは、

【光の性質】赤外線は紫外線よりも「長」波長である。(101-203実)

回路の構成から推測すると… 恐らくこれは発光デバイスと受光デバイスが一体になった光センサーだろう 発光デバイスの光の波長赤外線と思われる 俺はピット器官を持たない種族だから赤外線は視えないが、 カメラ機能のある携帯端末を使えば容易に確認ができる

Twitterウライン・リュフトヒェン@Urein_1621

返信 リツイート 昨日 0:06

可視光線の次に波長が長いのは赤外線ね、余談だけど、もうせきがえせんでいいよね