安全で便利な赤外線ランプ

赤外線ランプと波長

赤外線ランプと波長 赤外線は見えない光線と言うことで様々な場所のセンサーとして使われています。
具体例を挙げると、人感センサー付きのライトは人が来たことを検知しライトを点灯させたりしますが、それも赤外線を検知しており、前後で変化があれば動作するといった仕組みです。
他にも自動ドアでも使われていますし、トイレなどの手を洗う場所でも使われており、そこでは蛇口をひねらなくても手をかざすだけで水が自動的に出てきます。
さて、赤外線は紫外線と共に太陽光に含まれているのはご存知でしょう。
目で見ることが出来る可視光線は七色の虹に見られるように様々な光を含んでいます。
赤外線はその言葉で一括りにされていますが、波長の違いで「近」と「中」と「遠」という字を前に付けて区別します。
例えば、遠赤外線という言葉は一般的な商品にも使われているので、多くの人がご存知だと思います。
ところで赤外線ランプという言葉を聞いたことがあるでしょうか、ヒーターとして使われたりしますが、代表的なのは寒い冬には欠かせない暖房器具のコタツです。
その中には赤外線ランプヒーターが使われています。
赤外線ランプは様々な波長を出すことが出来ます。

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について 赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度は、製品が使用している発熱体によって異なりますが一般的には数千度までの熱を放出できるようになっています。
理由として赤外線ランプの発熱体に使用されているカーボンファイバーの耐久温度が数千度になっているので後は高出力な電源とそれに対応できる電気コードや内部の電子基板を確保することができれば非常に高い発熱を得られることができます。
もちろん電気のエネルギーを使用しているので光熱費がかかってしまいますが、エネルギーの変換効率はガス式の製品よりも高いので非常に低燃費です。
赤外線ランプを使用した製品はいくつか種類があり、使用されているカーボンファイバーの種類が大きく異なっています。
例えば従来製品よりも不活性ガスを使用することによって遠距離まで放熱できるように設計されたハロゲンヒーターがあります。
これは一般的な赤外線ランプを使用した製品とは違って低出力ではありますが非常に自由度が高く安全性能が高いです。

新着情報

◎2019/5/24

熱に特化した赤外線ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

赤外線ランプとペット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

赤外線ランプとスペクトル
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「赤外線 波長」
に関連するツイート
Twitter

次の電磁波を波長が長いものから順に選びなさい(理順)→ 1.電波 2.赤外線 3.可視光線 4.紫外線 5.X線 6.ガンマ線

Twitter帝炉終焉[海蛇乙女大熊]@R_L_bot

返信 リツイート 16:37

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長赤外線をカットできないカーフィルムは、

太陽光は交感神経を刺激する! すごくおすすめです。太陽光には、紫外線など、 女性の天敵となる波長が多くありますが、、、 太陽光の中でも遠赤外線が体にいいのです。

電磁波(波長の長い順) 電波 赤外線 可視光 紫外線 エックス線 ガンマ線

Twitter色彩検定UC級 勉強用bot【非公式】@UCbot1

返信 リツイート 昨日 19:07

私たちの太陽から近いところには、「赤色矮星(せきしょくわいせい)」という種類の恒星がいくつもあり、その周りに惑星も見つかっている。赤色矮星が出す光は、太陽に比べて可視光の割合が低く、それよりやや波長が長い「近赤外線」が多い。この惑星は自転はせず一方の面は灼熱でもう一方は小売りの世界

心地よい、優しい光だけを選ぶ贅沢をあなたに… 快適な室内環境のためのカーフィルム選びの基準が色(濃さ)だけだと思っていては間違いです。目に見える光や太陽光を濃いめのカーフィルムで遮断しても、目に見えない波長赤外線をカットできないカーフィルムは、

《理工》赤外線レーザーの波長「席替えで塩津にジュテーム、えらいふつくしい。ねーやんでいっぱい(ズボン)降ろして!ハンドでおっぱいロココ式。」 赤外線 CO2: 10.6μm Er-YAG: 2.94 Ne-YAG: 1.064 半導体: 高出力0.81 低0.655

Twitter歯科国試クソゴロbot@dental_kusogoro

返信 リツイート 昨日 13:00

可視光(かしこう) 電磁波のうち、ヒトの目でみることができる波長のことだよ。僕らがふつう「光」と呼んでいるのは、この可視光のことだね。可視光より波長が短い紫外線と、より波長が長い赤外線は、ヒトの目で見ることはできないんだ。 植物・キノコである「樫(かし)」を含むコトバだよ。

Twitterうんちく自慢・カナリ@Kanari_kotodama

返信 リツイート 昨日 10:16

返信先:@syatyou6 今度歯医者にかかった時に主治医に聞いておきます 赤外線もX線も電磁波なのに波長が違うだけで生体へ与える影響が全然違うのは不思議ですね

地球の光合成系色素でも遠赤外線だって吸収できる色素はある。でもその波長では酸素発生型の光合成はできない。ここは単純な物理学の話。赤色矮星で多いと言われる近赤外線領域は、水を分解できるかどうかのちょうど端境の領域。